名古屋のいまいくのデータ救出サービス契約条件

データ復旧サービス(初期調査)申込に於ける契約条件

  1. 本サービスは、お客様のコンピューターシステムでは認識できなくなったメディアにつき、障害の有無および内容を調査の上、同メディアから、データをファイル形式で回収し、救出したファイルを複写したCD竏坦、フロッピーディスク等のメディアをお申込者にお渡しするサービスです。ただし、破損したメディアまたはファイルの修理・修復作業などデータ救出以外の作業は、本サービスには含まれません。
  2. メディアの記録状態によってはデータの救出が不可能な場合があります。また、株式会社いまいくは、メディアに含まれるデータの内容については一切関与せず、同データの救出に起因してお申込者または第三者が何らかの損害を被った場合であっても、その賠償の責めを負いません。
  3. 論理的な障害が生じているメディアからのデータ救出は、救出希望ファイルと同一階層上に存在するファイル全てを救出作業の対象といたします。
  4. 物理的な障害が生じているメディアからのデータ救出は、メディアに存在する救出可能なデータ全てを救出作業の対象といたします。
  5. 株式会社いまいくは、物理的な障害が生じているメディアからのデータ救出において、救出希望ファイルと救出データとの照合はいたしません。
  6. 株式会社いまいくは、救出データについての整合性を保証いたしません。
  7. 本サービスはデータの救出を目的としており、メディアの修理は行いません。修理やシステムの復旧をご希望の方は別途ご相談ください。
  8. データ救出において、基本的にメディアのみお預かりするものといたします。お客様自身でメディアの取り外しができない場合には、データ救出を要するメディアが搭載されたコンピューター本体をお預かりいたします。救出メディア、もしくはコンピュータ本体の輸送途中の事故について株式会社いまいくは一切の責任を負いません。保険および梱包はお客様の責任において行って頂きます。また、メディアのほか、お客様からお預かりした装置等すべてについて、輸送過程、調査、データ救出の過程で生じた滅失、毀損等について、一切の責を負いません。
  9. 株式会社いまいくは、メディアに含まれるデータおよび救出データを機密情報として保持し、第三者に開示または漏洩いたしません。また、メディアおよびそれに含まれるデータについて、本サービス以外の目的で使用しません。ただし、当社で回収されたデータが悪質ないたずらや犯罪行為に利用された場合などにおいて、警察など行政・司法・立法機関からの協力要請があった場合には、事件解決のため、お申込者様およびメディア所有者様の個人情報を提供する場合があります。
  10. 株式会社いまいくは、個人情報の含まれるメディアをお預かりする場合、そのメディアを本サービスの目的以外に利用いたしません。また、お預かりメディアに含まれる個人情報は、株式会社いまいく個人情報保護規定を遵守し適切にお取り扱いいたします。
  11. 株式会社いまいくは、復旧データ納品後はお客様の申し出がない限り、復旧データのバックアップデータを保管いたしません。納品完了日にバックアップデータは完全抹消いたします。なお、お預かりした依頼品およびデータはお早めに引取りにお越しください。作業完了日より6か月以上経過したものは弊社にて処分させていただきます。
  12. データ救出の実施、非実施を問わず、メディアおよびお預かりした装置の返却は、現状のまま行います。株式会社いまいくはこれらを原状に復しません。
  13. 本書によるお客様からの申込みに対し、株式会社いまいくが承諾の意思表示をした時点で、お客様からお預かりするメディアについて本サービスの提供に関する契約が成立するものとします。
  14. お預かりメディアの送付費用・返送費用は、復旧の可否にかかわらず、お客さまにご負担いただきます。
  15. 初期調査結果のご報告後、30日以上ご連絡を頂けない場合には、復旧作業を辞退させていただき、お預かりメディアを着払いでご返却差し上げる場合があります。また、この場合に初期調査費用をご返却することはできません。
  16. 株式会社いまいくは、本書による初期調査申込みから始まるすべての本サービスの過程(第三者が実施する事項も含む)において生じたデータ消失もしくは破壊またはメディアの滅失もしくは毀損について、損害賠償義務を負わないものとします。
  17. 株式会社いまいくの過失により、お客様のデータが漏洩され損害を被った場合、株式会社いまいくがその賠償責任を負うものとします。但し、その賠償金額は請負作業料金を超えないものとします。
  18. 本契約による権利および義務は、事前に相手方の同意を得ることなしに、移転または譲渡することができません。
  19. お申込者について、次の各号に該当する事由が発生した場合には、株式会社いまいくは、何らの通知または催告なく、本契約を解除することができます。 (1) 監督官庁より営業停止処分または営業免許もしくは営業登録の取消処分を受けたとき (2) その財産について仮差押え、仮処分、差押え、強制執行、担保権の実行としての競売等の申立てまたは破産、民事再生、会社更生、会社整理の申立てがあったときもしくは清算手続に入ったとき (3) 手形もしくは小切手の不渡り処分を受けたときまたは銀行取引停止処分を受けたと (4) 支払停止または支払不能の事由を生じたとき (5) 解散の決議(法令による解散を含む)をしたとき (6) 重大な過失または背信行為があったとき (7) その他、前6号に準じるような、本契約を継続しがたい重大な事由が発生したとき
  20. 本契約に関する紛争の準拠法は日本法とし、名古屋地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。
    私(お申込者)は、上記の契約条件に同意のうえ、株式会社いまいく に対して、記録媒体(以下「メディア」という)に関するデータ救出サービス(以下「本サービス」という)のうち、初期調査(データ救出作業の前提としての障害の有無および内容の調査をいう)を申し込みます。なお、私は、本契約に関し、契約締結上の権限を有していることを株式会社いまいくに保証します。また、私は、初期調査後、データ救出が可能であることが判明した場合には、株式会社いまいくの作成した初期調査結果報告内容とデータ救出作業に要する費用を確認後、さらにデータ救出作業の申込みを行うかどうかを判断しますが、同申込みを行う場合には、本申込書記載の契約条件に同意の上申込みを行うものであることを確認します。私(メディア所有者)は、本書の内容に同意のうえ、お申込者による初期調査およびその後お申込者が行うデータ救出作業の申込みに同意いたします
平成26年9月1日