ブルー画面になる。頻繁に起こるようになった。

ブルー画面ともブルーバックとも言われるエラー画面。

HDDやメモリなどの物理的な故障が大半です。あと、ドライバーの不整合など物理的な原因ではなくソフトウェア的な原因もたまにあります。少し前にKINGソフトのウィルスセキュリティとWindows アップデートの兼ね合いでこんなトラブルがありました。

今回はNECのデスクトップで以前より発生することがあったらしいのですが、最近は毎回のように発生するようになったということでご相談に見えました。

まず、HDDのテストです。2時間ほどかけてテストいたしましたが、特に異常はありませんでした。

次はメモリテストです。CDブートでテストプログラムを起動します。開始まもなくエラーが出始めました。赤くなっているのがエラーです。このパソコンはメモリを4枚装着してましたので、どのメモリか特定する為に切り分けテストです。

すると一枚の故障が特定できました。

1202.JPGのサムネイル画像

故障メモリ以外を再度装着してテスト、数十分してもエラーは出ませんでした。

最後にOSを起動させ、動作テスト。1時間ほど負荷テストをいたしましたが問題なし。

1201.JPG

ということで今回はメモリの故障によるブルー画面でした。 あと、メモリの故障の場合はBIOSの起動さえできないことの方が多い気がします。その際は大体「ピーピーピー」というビープ音が出るようになっているパソコンが多いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://imaiku.com/mt/mt-tb.cgi/188

コメントする

このブログ記事について

このページは、いまいくパソコンサポートが2013年8月12日 12:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CPUの冷却が不十分で電源が落ちる。」です。

次のブログ記事は「ネットワークのトラブル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

  • サポート
  • 時事
  • 自炊代行
Powered by Movable Type 5.2