電源ユニットの故障が原因で起動しないトラブルは結構多いです。もちろん電源ユニット交換、修理OKです。
弊社業務の内容です

電源ユニットの故障。交換修理も名古屋のいまいくパソコンサポート

症状

パソコンが起動しない。
ウンともスンとも言わない場合もあればファンが回りかけて止まってしまう、LEDランプは点くが動作しない、など症状も多くございます。メーカー製パソコンではコストの関係上、許容量ギリギリな電源ユニットを採用していることが多いですね。電源ユニットだけの故障であれば、データや使用環境含め交換によりそのまま復帰できることがほとんどです。ミニタワー含むタワー型パソコンであればほとんど規格に沿ったものが使用されているため即日での修理納品も可能な場合が多いです。スリムタイプのパソコンは電源ユニットの形が独自の形状をして代替が利かないことも結構ありますので注意が必要です。その場合は同型番の入手ができるまでお待ちいただくことになります。ただ、独自の形状した電源ユニットの入手が困難な場合、コネクタなどはほとんど同じですので筐体の外に置いて使用するということは可能な場合が多いです。今までも、とにかく緊急に使えるようにしてほしいというご要望で、普通のタワー型の電源ユニット(ATX電源)を筐体の外に出した状態で修理納品したこともございます。

写真はDELLのミニタワー型デスクトップパソコン。
通電があって起動しかかるがすぐ電源が落ちてしまう。
診断すると電源ユニットの劣化でしたが、CPUの冷却がうまくいっていない場合や電源をとるコンセントがタコ足配線になっているため電圧の低下が起こりやすくなっている場合がありますので見極めることが必要です。
この例ではATX電源で弊社の在庫もございましたので即日納品でした。



対処法

動作テスト。CPUの冷却性能や電源を交換しての動作テストで電源ユニットの経年劣化と診断。

ATX電源ユニット交換。

2時間ほどかけて負荷テスト。問題がないので納品。部品代金込みで約15000-です。
電源ユニットは¥3,000-ほどで購入できるものもあれば数万円する高価なものもあります。また、スリムタイプパソコンの電源ユニットは値段が高めになります。なお、グラフィックボードなど消費電力が大きな部品を使用している場合はより容量の大きな効率がよい高いものになります。
なお、汎用的な電源ユニットで間に合わず専用のユニットが必要な場合は応急的に(筐体内部に納まらないので・・)外付け電源で使用していただき入手次第修理するという事例も何回かございます。お急ぎの場合も一度ご相談していただけたらと思います。

電源ユニットの故障も信頼と実績、安心価格のいまいくパソコンサポートへどうぞ。


01 02 03
お越しの方は名古屋市中川区JR尾頭橋駅です。

尾頭橋駅店写真。中日ドラゴンズ練習場。ナゴヤ球場、JRA場外馬券売り場近く。