LANボードが故障すると、何となくおかしい、できたりできなかったり、はっきりしない症状も多いです。。
弊社業務の内容です

LANボード・カード(有線ポート)の故障

現在発売されているほとんどのパソコンにはLANポート(有線)が最初から搭載されています。つまり、マザーボードに組み込まれております、LANは当たり前の機能になっています。最近では有線ではなく無線しか搭載されていない機種も増えてきておりますが・・。

デスクトップのLANポートの写真
■LAN障害
LANボード(ボート)の故障は結構多いです。

症状

このLANポート(ボード・カード)の故障は明らかに故障すればわかりやすいのですが、一見正常に動作しているように思われるが、何となくおかしいという故障が多いので厄介です。
パソコンのデバイスマネージャに×やびっくりマーク、などが表示されていたりすればわかりやすいのですが、それも正常。ドライバを一旦削除して再起動すると再度読み込まれるのでそれで直ればいいのですが、それでも直らない。思い切ってOSリカバリするも、それもダメ。正常に使えていると思うと使えなくなっている、などそんな「はっきりしない」症状が多いですね。

デバイスマネージャーの画面。ネットワークアダプターの明らかな故障はここで分かります。

対処法

弊社ではLANボードやUSB接続タイプのLANポートを常時用意してテストします。
例えば、メールの設定が正常であるはずなのに送信ができたり、できなかったり。PINGが通ったり通らなかったり。共有ができたり、できなかったり。 そのような時にLANポートを付け替えてそれで試してみる。そうするとそんな不安定な現象がなくなったりします。となるとLANポートの故障ということです。

LANポートの故障修理には増設で対処するとよいでしょう。USBタイプとPCIバスタイプの画像

デスクトップであればLANボードの増設。ノートであれUSB接続のLANポートを使用する、またはPCカードタイプのLANカードを使用する、です。マザーボード交換修理までは費用もかかるし、時間もかかる。そんな場合は増設して対処する、そんな修理方法がよいでしょう。

お越しの方は名古屋市中川区JR尾頭橋駅です。

尾頭橋駅店写真。中日ドラゴンズ練習場。ナゴヤ球場、JRA場外馬券売り場近く。