RAID_NAS

RAID構成NASのデータ復旧事例-6

RAID構成OKのデータ復旧NASRAID_NAS

データ復旧事例各社

RAIDの復旧例その1 BuffaloのTeraStation NAS HDD4台搭載でRAID5構成のHDD

症 状アクセス不可。停電によりネットワーク上より見えなくなった。ピーピーピーと警告音。


診断および処置RAID5で構成されているNASがネットワーク上に見えなくなった。直前に雷によると思われる停電があった。メーカーサポートに相談すると筐体の故障で修理が必要ということでした。ただ、データは保存されず初期化されるということだったので、修理はキャンセルして返却してもらう。
他社様に電話で相談したが見積もりが高額であったので一旦保留して、弊社にお電話をされました。
物理的に故障していれば高額になることもあるが、完全な物理障害でなければデータの復旧はお客様の予算内で収まると思い、一度お持ちしていただくことに。診断したところHDD4台とも明らかな物理的故障はないが、1台はファイルシステム破損によりパーティションが不正。論理的な障害と診断。
見積もりを提出させていただいたところ了承をいただいたのでデータの復旧作業開始、データのコピー用にお持ち込みいただいたUSBタイプのHDDへ救出したデータを80GBコピー。翌日納品。


費 用復旧容量 15,000- 解析20,000-×3台 - 物理処置 0。 復旧費用計¥75,000+税

RAIDの復旧例その2-NAS 500GBHDDを1基搭載。ネットワークTeraStation。

症 状ネットワーク上に存在しているが共有フォルダを開こうと思うとエラーが出て開けない。昨日までは問題なく使用できた。常時通電。社内のグループ4台で共有していた。使用量はそれほど多くないと思うが詳細不明。エクセルやワード、写真など。


診断および処置HDDを取り出し診断したところ、辛うじて認識はするがアクセスに異常に時間がかかる。ヘッド障害(半壊)と思われる。(巡回冗長エラー)。時間をかけてディスク全体のイメージを抽出。抽出したイメージから解析、ファイルシステムおよびフォルダエントリ取得。状態がよくないのでデータの救出作業を複数回実施。救出されたデータ要領は40GBほど。USBタイプのポータブルHDDにデータをコピーし、納品。
後日、ミラーリングタイプ(初期状態ではRAID0だったのでRAID構成を1に変更)のNASを購入してバックアップ設定を含めて再度設定に訪問(別途)。


費 用復旧容量 20,000- 解析 20,000- 物理処置 10,000-。 復旧費用計¥50,000+税

データ復旧の見積もりは無料です。各メーカーの製品対応しております。まずはお気軽にご相談ください。Bufflo I-Oデータ、DELL、NAS。0120-710481

RAIDの復旧例その3。I社製のNAS、RAID5。

症 状アクセス不可。停電によりネットワーク上より見えなくなった。ピーピーピーと警告音。


診断および処置メーカーに相談すると筐体の故障で修理が必要ということでした。ただ、データは保存されず初期化されるということだったので返却。
他社様に電話で相談したが見積もりが高額であったので一旦保留。
弊社で診断したところHDDは2台とも明らかな物理的故障はなし。しかし、1台はファイルシステム破損によりパーティションが不正。論理的な障害と診断。
見積もりを提出させていただいたところ了承をいただいたので復旧作業開始、救出用にお持ち込みいただいたUSBタイプのHDDへ復旧したデータを80GBコピー。翌日納品。


費 用復旧容量 20,000- 解析20,000-×3台 - 物理処置 0。 復旧費計¥80,000+税

RAIDの復旧例その4-BuffaloのリンクステーションにおけるRAID0

症 状アクセス不可。ネットワーク上で名前が出てきてはいるがアクセスしようとすると「開けません」旨のエラーメッセージがでるようになった。メーカーサポートに問い合わせたところ1番目のHDDが故障しているようだと診断を受けた。


診断および処置家庭でもパソコン複数台所有することが当たり前になってきているようです。ネットワークに接続しデータを共有することができるNASが家庭においても多く使用されるようになりました。HDDを複数搭載している機種も多く販売されるようになっていますが、初期状態ではRAID0(ストライピング)で構成されている機種が多いようです。これは搭載されたHDD2台を1台のように扱い、交互にデータをやりとりします。スピードは理論上2倍と速く、使用可能な容量もHDD全ての容量になるので多いですが、データの保護という視点から見るとかなり危険です。なぜなら片方のHDDが壊れてしまうとデータの読み書きができなくなってしまうからです。今回のお客さまは2台搭載しているから安全だろうと逆に考えてしまっておられたようです(より安全なミラーリングと思い込まれていた)。今回は1台のHDDの磁気ヘッドが半壊した状態でした。かろうじてアクセスはできるものの異常に遅い状態。丸5日かかって全体のディスクイメージを抽出し、RAID解析後データの復旧に成功いたしました。救出データ容量は400GB


費 用復旧容量 35,000- 解析20,000-×2台- 物理処置 20,000-。復旧費計¥75,000+税

RAIDの復旧例その5-RAID5構成のサーバWindows Server2003

症 状5年ほどまったく問題なく使用していた。常時通電。昨日までは問題なかったが、朝異常に気が付いた。ビープ音がしておりOSが落ちていた。電源を入れなおして見たが起動しない。
当日中に使用したいファイルがあり「特急」でやってほしい。


診断および処置調べてみるとRAIDカードが故障していました。HDDは4本とも明らかな物理的故障は見受けられませんでした。RAID5を構築しなおしファイルシステム解析、データ復旧。
お渡しできたのは弊社営業時間を2時間ほど過ぎた時間でした。お急ぎの「特急」扱いで「特急料金」は¥20,000-でしたが、物理故障もなかったので今回に限り「特急料金」の¥20,000-は無しにさせていただきました。


費 用復旧容量 15,000– 解析10,000-×4台 - 物理処置 0-。復旧費計¥55,000+税

データ復旧の見積もりは無料です。各メーカーの製品対応しております。まずはお気軽にご相談ください。Bufflo I-Oデータ、DELL、NAS。0120-710481

ご依頼はフリーダイヤル0120-710481

クレジットカードでのお支払いもOKです

電話で問い合わせ

Buffalo tera station バッファローテラステーションRAID5 RAID6対応いたします

NASやRAIDのデータ復旧は名古屋のいまいくパソコンサポートです。TeraStationなど各社製品を格安で対応

タイトルとURLをコピーしました