データ復旧

リンクステーション2台搭載-RAID1(ミラーリング)

RAID1いわゆるミラーリングで1台壊れていても大丈夫なタイプのRAID。Buffaloのリンクステーション。生存している片方からデータを救出すればよいので復旧は簡単なはずが・・・データ復旧

RAID1(ミラーリング構成)のNASのデータ復旧事例

Buffaloリンクステーション

Buffalo社人気のLinkStationリンクステーションです。市場に多く出回っているモデルですので弊社でもデータの復旧実績多くございます。今回はミラーリングで運用されてみえました。1台が故障してもデータは確保されているのでお勧めの構成です。

症状

アクセスできなくなったのでデータの救出してほしい。
ネットワーク上で存在するがフォルダにアクセスしようとすると開かない。エラー表示をみるとHDDに障害が発生しているようだ。建設現場の写真が多く入っており期日が迫っているので急ぎたい。と、お急ぎで現場事務所からお見えになりました。

弊社は愛知県の名古屋市ですが静岡県の現場事務所より高速道路をお使いになられ、ご相談があった2時間後にはお越しになられました。状況をお伺いするも、よくわからないがミラーリングで使用しておられたということでした。データには写真関係が多く、500GBくらい使用しているとご申告されました。
現場事務所のご依頼は結構多いです。一時的な事務所なので簡易的なものになってしまうことが、多いのかもしれません。

対処

、HDDの取り外し

HDDを取り外してみると1番のシールがついたHDDに磁気ヘッドの半壊と思われるアクセスが異常に遅い症状が見られます。
2番のHDDは物理的に故障はないようでしたので2番から救出作業にとりかかることにいたしました。

、ディスクイメージの抽出

オリジナルHDDに直接アクセスして負担をかけないようにHDD全体よりディスクイメージの抽出です。抽出したディスクイメージのクローンを作成します。

、解析作業

抽出したディスクイメージからファイルシステムの解析です。ファイルシステムが破損はしておりましたがフォルダエントリの取得は可能でしたのでフォルダ階層ごときれいにデータの復旧はできそうです。
救出データの総容量を確認後見積りを提示して作業の開始です。
全部で300GBほどのデータが救出できました。ご申告していただいた容量より少ないですが、救出されたデータは破損もほとんどなく復旧状態は良好です。

、データコピー

復旧したデータをお客様のお持ちいただいたUSB接続タイプのHDDにコピーして納品です。

【思わぬトラブル発生・・・】

、トラブル発生

納品の翌日改めてご連絡がありました。
最新のデータが無いということです。
ご依頼にお越しになられた方は代理の方であまり詳しくなかったそうですが、よくよくお話をお伺いすると、とんでもないことが分かってきました。つまり、数ヶ月ほど前にエラーランプが点き故障したことを認識していたのですが、アクセスもできるのでそのまま使用していたそうです。それで今回全くアクセスできなくなりご相談に見えたらしいのです。
つまり、数ヶ月前の時点で、どうやらHDDの一台に障害が生じていたらしく、そのまま使用しているうちにもう一台が壊れてしまい、アクセスできなくなったようでした。
それで今回弊社でデータ救出したのは数ヶ月前に故障したHDDからでしたので最新のものが無かったというわけです。

、再度、復旧作業

理屈はわかりましたので、再びお預かりしてもう一台のHDDよりデータの復旧・救出作業です。
しかし、もう一台のHDDは異常に読み取りが遅い状態、おそらく磁気ヘッドに障害があり遅延エラーが多発しリトライに時間がかかっている状態と思われます。
作業自体は最初の一台と同じ流れでいけますが、イメージの抽出に丸三日ほど要しました。

幸いリードエラーは多くなくファイルシステムの解析に支障がでるほどではありませんでした。
ファイルシステム解析、フォルダエントリよりデータ救出。やはりご申告どおり500GBほどのデータが復旧されました。要した時間は3時間ほど、念のためにパターンを替えて再度救出・復旧。

納品は2通りのパターンで完成です。

お持ち込みはJR尾頭橋駅にどうぞ

RAID1、RAID5、RAID6などの構成は安全性が高いですが、それはHDDが個別に壊れたときに安全だというだけでコントローラ筐体の故障や操作ミスに対しては案外、無力です。実際にRAIDだから安全と思い、思わないトラブルでご相談に見える方が多いです。基本的にはRAIDからも更にバックアップが必要です。RAIDとは別の固体に頻繁にバックアップを取るということです。
弊社では定期保守契約のお客様でNASを使用してファイル共有をされる場合も多いですが、必ず別の筐体にバックアップをさせてもらいます。また、自動バックアップもあまり信用せず、こまめに稼動状態をチェックすることも必要です。自動でバックアップしてあったはずなのに・・・でご相談に見える方も多いです。

バッファロー社製品ではTeraStationのご依頼も多いです。
名古屋のデータ復旧・いまいくパソコンサポートでは多くの実績ございます。信頼と安心価格の弊社へどうぞご相談ください。

NASやRAIDのデータ復旧は名古屋のいまいくパソコンサポートです。TeraStationなど各社製品を格安で対応

電話で問い合わせ

ご依頼はフリーダイヤル0120-710481

クレジットカードでのお支払いもOKです

 

タイトルとURLをコピーしました